So-net無料ブログ作成

神社本庁にない「三種の祓」について

神社本庁にない「三種の祓」について

白川流神道では「三種の祓」に始まって「三種の祓」で終わる、と言われています。「阿知女作法」と「三種の祓」は白川神道の根幹を成すものです。通常の「三種の祓」は下記の通りの解釈および漢字で表現されています。

三種の祓
「吐普加身依身多女(トホカミヱヒタメ)」は天津祓、 「遠祖神よ恵みを下さい」の意
「寒言神尊利根陀見(カンゴンシンソンリゴンダケン)」は国津祓、「天地万物」の意
「祓ひ玉ひ清め給ふ(ハラヒタマヒキヨメタマフ)」は蒼生(あおくさ)祓

 伊奘諾尊が禊ぎをしたとき実際に唱えたとされる、「遠つ神、恵み賜へ」に由来するとも言われます。

 吉田神道(吉田卜部家)が周易八卦思想の「三種の祓詞」国津祓いの部分を、大和語ではないので削除した。 
 それで三種の祓い詞ではなくなったが『トホカミヱヒタメ』だけでも、トホ=刀、カミ=鏡、タメ=玉 で「三種の神器」を示すので「三種の祓い詞」とされています。
 
「トホカミヱヒタメ」を三回繰り返し、これに「祓ひ玉ひ清め給ふ」を唱える「三種の祓詞」にも変容し、平田篤胤の天津祝詞と同様に世上に広められた、というものです。

 伯家神道の流れを汲む社家、禊教及びその分派教団でも“トホカミヱヒタメ”を重要な神呪としています。
 八百年以上に亘って宮祭祀の行事作法を伝えて来た神祇伯制度は、明治で廃絶しますが、白川伯王家に伝承された「三種の祓」が神秘的に宣伝され、これを奏上することで「神気」と感応する、などと怪しげな教団は跡を絶ちません。白川伯王家に伝承された神道は、神代の昔から脈々と流れる血統を重視する古い神職の家で伝えられ伝承されています。はっきりといって神秘的に解釈する人の多くは、神職および神社とは無縁の方々が多いことを知ってほしいのです。現場の声を聞かなくして、白川伯王家が伝承された神道を天皇家にお返ししなければならないという集団もあり、ほとほと困っています。あげくの果てには伯家神道の伝承者であるとか名乗っている人が多くて困っています。それらの怪しげなお方に申し上げます。お上の宮中三殿では掌典職(しょうてんしょく)がきちんと伝承しておりますのでご心配なく。

 トホカミヱヒタメという言葉は、平安末期の「江家次第」という本にも出ている古い言葉で、当時亀トが行われる際、亀甲そのものを忌火にくべて裂け目を出すにあたって、その亀甲の上または裏側に、マチガタなどといわれる縦横のスジ刻み目をいれます。そのスジの部分に「ト・ホ・カミ・エミ・タメ」との名称がついております。この五つの線を焼いて、表にあらわれたひび割れの形で吉凶を判断する太占(ふとまに)に用いられました。
 その亀甲を卜するに火にくべて亀裂がはいるまでのあいだに「トホカミエミタメ(またはトホエミカミタメ)」の呪を百千返も唱えつづけるそうです。ちなみに「亀卜伝」などにも口伝大事として記載されております。 神の御心を知る為の言葉としては、これがトホカミエミタメの呪文のオリジナルです。

 あるオカルトな教団では、ト=水、ホ=火、カミ=木、エミ=金、タメ=土とされています。

 また江戸時代においては、大国隆正は「遠神能看可給め」といって、「遠つ御祖の神よ、御照覧ましませ」の意味といっております。また「遠神笑み給め」で、「遠つ御祖の神恵みを垂れ給え」の意味だとも解釈できます。更に「寒言神尊利根陀見」というのは、易の八卦の言葉で天地万物の心は、この八文字によって言い表されるのです。これに「祓ひ給ひ清め給え」という一句を合わせて、合計三つの言葉から成り立っています。よってこれを三種の祓詞と言っています。

 大祓詞の「秘言」の最有力候補とされる(三種の祓)の「吐菩加美 依身多女トホカミヱヒタメ」とは、「父ちゃんと母ちゃんセックスして子供ができた、ああめでたいな」と云う意味が本来の「トホカミヱヒタメ」であり子孫繁栄の言葉であります。あまりにも神秘主義に陥り、霊力を着けるものと解釈され本来の白川流ではない神道がはびこるのが我慢できないときがあります。

ところで鶴見神社では三種の祓は次のような言葉で奏上します。

トホカミヱヒタメ トホカミヱヒタメ トホカミヱヒタメ ハラヒタマヒキヨメテタマフ

ただ宮司が祝詞を奏上し終わったときに言います。奏上する前は「コトドムスヒノカミ・コトドムスヒノカミ・コトドムスヒノカミ」を静かな声で唱えて祝詞を奏上します。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

あさや

正式には、トホカミ ツタエ エミタメ
「吐火神伝えし蝦夷のために」
と言う意味と聞いたことがあります。

by あさや (2016-07-15 13:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0