So-net無料ブログ作成

2月7日は「全千島列島奪還決意の日」

2月7日は「全千島列島奪還決意の日」
2月7日は何の日、とわれると答えられない人が多いと思います。「北方領土の日」です。
2月7日に「北方領土の日」となった理由は、太陰太陽暦の旧暦の安政元年12月21日に現在の静岡県下田市において日魯通好条約が調印された日です。これを新暦にしますと2月7日になるからです。

この条約は、日本とロシアの間に通商を開くとともに、平和的な話し合いによって両国の国境を択捉島とウルップ島の間と定めたもので、これによって、択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島のは日本の領土として確定し、これ以後、両国の国境は何度も変わりました。

現在、北方四島を含む千島列島はロシアのサハリン州に属しています。
択捉島:3184k㎡(鳥取県より少し狭い)―択捉島は得撫島、新知島とあわせて、サハリン州クリル地区。
国後島:1499k㎡(、沖縄県全体とほぼ同じ広さ)サハリン州南クリル地区。
色丹島:253k㎡(徳之島とほぼ同じ広さ)サハリン州南クリル地区。
歯舞群島:総面積100k㎡。歯舞群島は、志発島・貝殻島・水晶島・秋勇留島・勇留島・多楽島などの小島からなっています。サハリン州南クリル地区。

私は北方領土とは全千島列島を指すことだと思っています。全千島列島を我が国の領土と主張する理由は、かつての樺太のごとく戦争の結果としての領土ではなく、日露両国が平和裏に交渉し、明治8年(1875年)千島樺太交換条約をもつて確定した領土であり国境であるからです。

日露両国が真に平和と友好を考へるならば、明治8年の精神にもどるべきであると思っています。但し、昭和26年の講和条約において我が国が放棄した南樺太の帰属は、未だ国際的に明確にされていないことを忘れてはいけません。領土交渉は主として日露二国間の問題ですが、ヤルタ密約に関係した諸国にもその責任があると思います。 私は2月7日の「北方領土の日」を改め「全千島列島奪還決意の日」にすべきだと主張 しています。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。