So-net無料ブログ作成
検索選択

9月22日は祖霊祭

9月22日は祖霊祭
9月22日木曜日、秋分の日の午前10時から当社の境内地にご鎮座されている祖霊社で護国の英霊の慰霊祭が執行されます。昭和27年9月から数えて64回目の祖霊祭の神事が行われます。当社の氏子地域から大東亜戦争という未曾有の国難にあって出征され、我が国と郷土、そして最愛の人々を守る為に尊い生命を捧げられた英霊をお祀りしております。

ところで靖国神社、各地方の護国神社の存在並びに戦没者に対する慰霊の存り方が、単に近代日本において創出されたものではないと思います。日本における神道や民俗宗教の霊魂観、神観念と、それにもとづく追悼・顕彰・慰霊の歴史と慣習の上に成り立つものであると思います。

祖霊祭に参列されるご遺族の方々のほとんどが仏教徒です。中にはキリスト教の遺族もおられます。今年の正月、初詣に来られたとき、「キリスト教でもお正月お祝いするのですか」と訊ねた際に「私はキリスト教徒である前に日本人です」と答えられました。

縄文時代から神道はいわゆる宗教というよりも、民俗とか習俗いってもよいのではないでしょうか。日本人の年中行事をみれば理解できます。初詣、バレンタインデー、夏祭、お盆、秋祭、ハロウィン、大晦日、クリスマス等を見ましても宗教を意識しないで行事に参加しているのです。

日本人の生活そのものが、意識をしないで多神教の生活していると思います。このような意識が骨の髄までしみついた日本人には宗教的な戒律など必要ないのです。

さらに我が国には菅原道真を御祭神として祀り崇敬の対象とする文化・伝統が残されています。日本人は昔から、死者の御霊はこの国土に永遠に留まり、子孫を見守ってくれると信じてきたのです。

早良親王、井上内親王ほかー上御霊神社(京都府)
吉備聖霊ー下御霊神社(京都府)
菅原道真ー各地の天満宮
織田信長ー建勲神社(京都府)
徳川家康ー各地の東照宮
豊臣秀吉ー各地の豊国神社

当社にも九鬼稲荷社が御鎮座されています。御祭神は摂津三田藩藩主九鬼隆律公(くきたかのり)です。創建は元禄年間です。今も氏子地域の「守り神」として大切にされています。こうした伝統的な考えが神道の信仰とともに日本人に受け継がれているのです。

英霊を追悼し、国のために頑張って頂いたことを顕彰し、英霊の霊魂が安らかにお鎮まり頂くよう慰霊する、これを一通りしないと、日本人はどうしても気が収まらないところがあるのです。



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。