So-net無料ブログ作成
検索選択

今日は「節分」です。

今日は「節分」です。
今日は「節分」です。「節分」という言葉を説明しますと、古くは「せちわかれ」と称していました。元々1年に4回訪れる大きな季節の変わり目がありました。立春、立夏、立秋、立冬と言います。それぞれの前日を意味する言葉が「節分」でした。つまり1年に4回「節分」があったことになります。それが、やがて1年で最初に訪れる、大きな季節の変わり目であった、立春の前日だけを指す言葉へと変化していったのです。

大阪では「節分」のことを「年越し」と言います。それは前述しましたように「節分」といえば、一般的に立春の前の日を示す言葉です。立春を新年とすると、「節分」は大晦日にあたります。そのため、現在でも大阪市のはずれの鶴見では今でも「節分」のことを「年越し」といっております。

日本国中の家庭では、「鬼は外、福は内」と叫びながら、煎った大豆を家の内外に撒まきます。この豆撒きは、家から邪気を追い出して災厄を祓い、福つまり幸福を呼び込むために行われます。これは宮中行事の追儺(ついな)と寺社が邪気を祓うために節分に行っていた豆打ちの儀式が合わさったものといわれています。

豆撒きの大晦日の晩から元日の朝にかけて、氏神さまのもとに籠る習慣 がありました。 .「豆」は「魔滅」に通じ、また鬼の目の魔目(まめ)にめがけて豆を投げれば「魔滅」するという意味があると考えられています。また鬼を追い出すために鬼が嫌う柊(ひいらぎ)の枝に鰯(いわし)の頭を刺したものを戸口に立てておいたり、炒った大豆を年の数だけ食べるなどの風習も現代まで続いています。

当社の氏子地域では家庭で豆撒きをして年の数だけ大豆を半紙に包み神さまに奉納する風習があります。また当社では「節分」のときに厄年の御祓をする風習があります。それも午後6時ごろから午後9時までにお祓いを受けるというものです。これは前述しましたように氏子地域では「節分」は「年越し」と呼んでいます。立春を新年とすると、2月3日の「節分」は大晦日にあたります。家族全員が大晦日の晩から元日の朝にかけて、氏神さまに参拝する習慣があったからです。

もう一つ氏子地域では重ね厄年と言うのがあります。これは男女とも数え66歳・77歳・88歳・99歳になられたら健康に留意し、益々の長寿を祈願するお祓いです。





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。