So-net無料ブログ作成
検索選択

両首脳のゴルフについて

両首脳のゴルフについて
記憶は定かではないのですが私が皇學館大学の学生の頃、今から49年前お話しです。昭和44年6月頃だと思います。当時の皇學館大学第2代総長は安倍総理の祖父で岸信介元総理大臣が講演されました。演題は確か「青年学徒に告ぐ」だったと思います。

講演終了後、選抜された学生との対談の場がありました。その時に、先輩が「岸先生の趣味は何ですか」と質問されました。そのとき岸先生は即座にゴルフと言われました。そしてその後、学生を前にして岸先生は第34代大統領のドワイト・アイゼンハワーとゴルフをされたことを語られました。昭和40年初頭、ゴルフを趣味にされるお方は少なく、リッチに見えた時代です。今や普通のサラリーマンでもゴルフができるようになりました。

因みに私はゴルフはしません。理由は少林寺拳法3段で武道家を自認しているからです。

今回、安倍晋三首相は2月9日、第45代トランプ米大統領と初めての首脳会談を行うため、米ワシントンに向け政府専用機で羽田空港を出発されました。ホワイトハウスで日米首脳会談を行ったあと、トランプ米大統領の別荘がある南部フロリダ州で安倍総理大臣とゴルフを行うことになっています。

ところで私はトランプ大統領が「米国第一」を打ち出して実行するならば、我が国は戦後、骨の髄まで染み込んだ「アメリカ依存」という病状から脱却すべきチャンスだと思います。世界中で有り得ない憲法九条に由来する「非武装にすればするほど安全だ」という発想の転換を図るべきチャンスです。

トランプ大統領が「米国第一」を実行するならば我が国も戦後体制から脱却し、国家と国民は独立自尊の体制、つまり、自力で国家の存立を確保する体制を確立しなければなりません。私は戦後体制とは、アメリカが日本を守るという日米安保の架空の前提のもとに成り立っていると思っています。その戦後体制を、構築しているものが「日本国憲法」だということです。

トランプ大統領が内向きの政治体制を確立すれば、トランプ大統領が如何なる人物がなろうとも、我が国は国益と繁栄、存続を確保しうる体制を構築すべきです。祖父の岸信介先生とアイゼンハワー大統領もお互いが国益を守るためのゴルフだったと思います。今回の両国の指導者のゴルフが歴史を動かすことになることを期待します。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。