So-net無料ブログ作成

神宮司庁の発表

神宮司庁の発表
神宮司庁は6月20日、伊勢神宮で神嘗祭や新嘗祭などの神事を行う神宮祭主に天皇陛下の第一皇女子長女黒田清子さま(48)がご就任されたと発表しました。昭和63年10月から約29年間祭主を務めた昭和天皇の四女池田厚子さま(86)は、本人から申し入れがあり、6月19日付でご退任になられました。
 
黒田清子さまは平成24年~平成25年、同神宮の臨時祭主に就任されました。神宮の社殿を20年に1度建て替える平成25年の第62回式年遷宮では池田厚子さまのご体調を考慮して神事の一部を代行されました。黒田清子さまは明治以降、11代目の祭主となれます。

神宮祭主とは天皇さまの御代理として神宮の祭事をつかさどる役職で、天皇陛下の「勅旨」を受けて決まる「神宮だけ」の役職です。

「伊勢神宮」は通称で、『神宮』が正式な名称です。神宮は、皇室の「御祖神」である天照大御神さまをお祀りする内宮と豊受大御神さまをお祀りする外宮の総称で、14の別宮、43の摂社、24の末社、42の所管社を含め、計125の宮社があります。全国の神社の「本宗」(ほんそう)と位置付けられています。

神宮では千数百年にわたって、毎日朝夕のお祭や年間1500もの祭儀を行っています。特に6月の月次祭、10月の神嘗祭、12月の月次祭は「三節祭」と呼ばれる最も由緒深い祭典があります。神宮祭主は天皇陛下の代理として、天皇さまの御心をご祭神に伝えされることになられます。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。