So-net無料ブログ作成

北方領土の2島返還は93%の領土を放棄することになる。

北方領土の2島返還は93%の領土を放棄することになる。
安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が今年の12月15日、首相の故郷・山口県で会談することが決まりました。この会談で安倍晋三首相は北方領土問題の前進を図り、一定の成果を出したい考えで、今後、両政府間の協議が活発化することが予想されます。

今回は敗戦後からの北方領土について記します。

昭和20年(1945)8月9日未明、ソ連は我が国に対して、一方的に日ソ中立条約を破棄して宣戦布告をし、満ソ国境に展開する174万人のソ連極東軍に命じて、当時の満州に怒涛のごとく侵略しました。

我が国は同年8月14日に中立国を通してポツダム宣言を受諾し降伏を声明しましたが、ソ連は8月16日には、当時日本領であった南樺太へ、8月18日に千島列島へも侵攻して占領しました。同年9月5日までの間に北方領土のすべてを占領しました。

ソ連の一方的参戦は火事場泥棒と同じ行為であり、それは昭和20年2月11日のヤルタ会談に基づくものでした。米国等の連合国とソ連の間でヤルタ秘密協定を締結し、ドイツ敗戦後90日後のソ連の対日参戦および千島列島、樺太などの日本領土の処遇も決定したのです。

我が国はヤルタ会談の開催やヤルタ秘密協定も全く知りませんでした。このことを知っていたならばポツダム宣言の受諾を遅らせたか、戦争続行になった可能性もあります。

ロシア側からすればヤルタ秘密協定で連合国が旧ソ連に参戦する条件として樺太の南部及びこれに隣接するすべての島と千島列島の領有権を認めたので、正当な権利で北方領土を領有していると言うことなのです。

このことからプーチン大統領が来日されても北方領土の問題は解決できないと思っています。

またロシアにとって北方領土を含むオホーツク海は、我が国が考えている以上に対米戦略上の重要な地政学的要素があります。

北方領土で一番大きな択捉島は沖縄本島の3倍の面積があります。次に国後島ですが、沖縄本島よりも大きな島です。次に色丹島、歯舞群島があり、便宜上これらの島を北方四島と呼んでいます。北方四島が返還され場合、一つあるいは二つの県ができるほど大きな面積を持っています。

歯舞群島の貝殻島から納沙布岬までの距離は約3.7キロあります。泳いで渡れる距離なのです。北方領土は我が国の固有の領土です。しかも遠い島の問題ではないのです。国民の関心は低すぎます。

ロシア(旧ソ連)は敗戦後のドサクサに紛れて占領された択捉、国後、色丹、歯舞諸島いわゆる北方領土を占領したのですが、ロシアでは北海道本島の東、根室海峡からカムチャツカ半島の南、千島海峡までの間に連なる列島をクリル列島と呼んでいます。北方領土は南クリル諸島といっています。

ロシアから見ればクリル列島は太平洋に出られる軍事的要所なのです。冬季にはロシアの太平洋艦隊はオホーツク海に閉じ込められます。しかし冬季に凍らないのが択捉水道と国後水道だけです。さらに、この海域は自由に潜水艦も通行できる深さがあるのです。

ロシアは米国との核抑止力を維持するため、オホーツク海に核弾道ミサイル搭載原子力潜水艦(SSBN)を配備しており、ロシア防衛のためにも択捉島、国後島を抑えていることが重要なのです。特に2013年、配備されたR-30という核ミサイルは、新型潜水艦発射弾道ミサイル(БРПЛ)です。実戦配備に伴いSS-N-30と呼ばれています。射程が8000キロです。オホーツク海にいながらにして、潜水艦からアメリカの主要都市を狙える、というわけです。

このようにロシアにとってクリル列島は敵側攻撃原潜の侵入を阻める防衛線であり、太平洋に出て原潜による米国への核攻撃ができる軍事的な要所なのです。北方領土を日本に引き渡してしまうと、米軍の脅威にさらされる事態になってしまいます。

ロシアにとって、北方領土を失うことは自国の安全保障環境を著しく悪化させてしまいます。歯舞諸島・色丹島の2島だけならば軍事的影響はほぼないので、返還される可能性は高いかもしれませんが、歯舞諸島・色丹島の面積は北方領土の7%に過ぎません。

安倍総理に言いたいのですが、プーチン大統領と信頼し合った友人関係にあるということですが、我が国の領土の7%の獲得と93%の放棄のために日露平和条約締結交渉をすることは、英霊を冒涜する行為だと思います。

私には「約束を守らないロシア」というイメージ強いのです。その根拠にあるのがソ連は日本の負けを見越してから、不可侵条約を破って満州や北方領土に攻め入り、あつかましくも米国のトルーマン大統領に、北海道もくれとか日本を半分に分けようなどと提案した国です。また投降した日本兵や民間人を約57万5千人がソ連領内に連行し強制労働させました。極寒での強制労働や飢えなどで約5万5千人が死亡したと推計されています。

すでに安倍総理はプーチン大統領と10回以上も会談されているということですが、日本からの経済協力は戴くが領土の返還には応じないとの結論であれば日本外交の失敗です。安倍総理、プーチン大統領が一体、何を目論んでいるのか、冷静に見極めてください。



nice!(0)  コメント(1) 

清掃ついて

清掃ついて
昨日、無事に秋祭が終わりました。おかげで「だんじり」の曳行も事故もなく無事に終了しました。本日、大祭の後片付けで忙しく動き回っていました。神殿の四神旗などの飾り物、神職の装束など神事に必要なものは準備に労力と時間が要しますが、不思議に後片付けは短時間ですみます。

後片付けに時間と労力が必要なのは神殿と参集所の清掃、境内の清掃、各トイレ掃除です。今朝も境内にある参拝者専用のトイレ掃除をしていますと、参拝者から「宮司さん、自らトイレ掃除するのですか」といわれましたが、「宮司だからトイレ掃除をするのです」と答えました。

神職の仕事は神さまに奉仕をすることですが、なかでも神域を清浄清潔に保つことが大切です。そのための掃除・清掃は大切な仕事です。神職の仕事は「掃除に始まり掃除に終わる」といっても過言ではありません。私の師匠は若い頃には「天の箒の神」(あめのほうきのかみ)と呼ばれたぐらいに徹底的に掃除をされました。

ただ何も考えずに清掃するのではなく、自分の心の垢も取れていくような気持ちになって清掃しなさい、といわれたことが思い出されます。そして参拝者が境内に入られて「ご神域だ」と言わせしめるほどに目に見えるところはすべて清掃しろと教えられました。それに境内で清掃するだけでも神気に触れることができ元気がもらえます。境内そのものが祓いの場なので、清掃奉仕すれば祓いの効果もあります。

そのことから古来より清掃そのものが神事の前の清祓の一種と考えられているほどです。神域は清浄の気に満ちていなければなりません。不浄のものを長きに渡って放置することは忌むべきことだと思います。








nice!(1)  コメント(0) 

備えあれば憂いなし

備えあれば憂いなし
日本は世界でも有数の地震大国であり、台風、洪水、津波、豪雪、土砂災害などの自然災害が多い国でもあります。今や日本のみならず全世界で自然災害が起こっています。今年に入り熊本地震・台風による水害火災・阿蘇山噴火など、そして尊い命が犠牲になっています。

地震などの自然災害は防ぎようがありません。地震が起こる前に、その災害が起こった時にどのように対応すれば良いかを考えておくことが必要だと思います。常に防災訓練を行い災害時に適切に対応すれば、人災は最小限にくい止めることができると思います。

大阪では50数年間にわたり自然災害に遭遇していません。阪神淡路大震災のときも大きな被害にあっていません。台風も大阪はそれています。大阪人は「大阪って自然災害から守られてる」と本気で思っています。

過去には、大阪でも大地震が起きた記録があります。江戸時代後期の嘉永7年11月4日(1854年12月23日)、安政東海地震が発生し、32時間後の嘉永7年11月5日(1854年12月24日)、安政南海地震が発生しました。巨大地震のダブルパンチが発生したのです。

次に台風被害を見ることにします。
昭和9年(1934)9月21日に高知県室戸岬付近に上陸し、京阪神地方を中心として甚大な被害をもたらした室戸台風では高潮被害や強風による建物の倒壊被害によって約3,000人の死者・行方不明者を出しています。

昭和25年(1950)9月3日に上陸したジェーン台風は、大阪市内で死者・行方不明者を合わせて222人という甚大な被害をもたらしました。

昭和36年(1961)9月16日に室戸岬に上陸し、大阪湾岸に大きな被害を出した第2室戸台風では大阪市内で死者194名、行方不明者8名、負傷者4,972名を出しています。

「のどもと過ぎれば・・・」という諺がありますが、過去の災害を教訓に、万が一を想定して防災訓練を怠らず、想定外という言葉を出さないようにしなければなりません。万が一の一に備えることが、常日頃からの準備ではないでしょうか。

ところで古代ローマ以来の格言に「平和を望むならば、戦いに備えよ」というのがあります。北朝鮮の核実験は今年に入り1月6日と9月9日の2回も行っています。過去に3度も核実験を行っています。今月も実施するかもしれません。北朝鮮はついに核ミサイルを完成したと見てよいでしょう。

北朝鮮の核ミサイルは、韓国と日本、特に我が国に駐留する米軍に脅威を及ぼすレベルになっています。このまま放置すれば、北朝鮮の核兵器はアメリカ本土を狙うようになります。やがては小型で強力な水爆も保有するでしょう。

我が国の国民は巨大地震や台風には適切に対応できるように防災訓練の実施しているように、北朝鮮の核ミサイルが我が国に発射された場合の防衛訓練も必要となります。

と言うのも、日本の弾道ミサイル防衛(BMD)では、北朝鮮の核ミサイルは打ち落とすことは困難です。なぜならば米軍からの情報をもとに、海上のイージス艦がミサイルを発射して迎撃するには遅すぎます。またミサイル発射が潜水艦や移動式発射台から行われると、その兆候をつかみにくいので迎撃は無理です。

失敗した場合、地上から撃ち落とす二段構えの防衛システムも、地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)の配備数では日本全域をカバーすることは困難です。

もし日本に核ミサイルを打ち込まれたらどうするのか。核ミサイルは北朝鮮から我が国まで約8分間で到着します。最悪な状況の中で、国民の生命守る為にやらなければならない対策法を考える必要があります。爆発時の閃光と衝撃波、そして死の灰からどう逃げ切れるのか、もしかの場合を考えて、政府と自治体は協力して対応策を作るべきです。


nice!(1)  コメント(0) 

お米について

お米について
今月の15・16日は当社の大祭です。氏子地域の人たちは秋祭と呼んでいます。秋祭の神饌に今年の稲米が奉納されます。昔は鎌で刈り取って束ねた稲穂、「荒稲」(あらしね)と精米(白米)された和稲(にごしね)を神饌として奉納しましたが、近年は諸般の事情により和稲だけになりました。

今回のブログはお米について記載します。上古よりお米は生きて行くために必要な穀物でした。そのめに様々な必ず神事には神饌としてお米は奉納されています。「稲」は生きた根・息の根から転じた言葉です。「お米」は「神さま」の神秘な力が込められた存在であり、そこから転じて「こめ」と呼ばれるようになりました。

「お米」とはそもそも稲の実、その「小さな実」という意味の「こみ」から「こめ」という言葉に転じて「こめ」になったという説もあります。

最近の若い人たちの話しを立ち聞きしますと、食事の時に「コメ」を食べると言う人がおりました。「コメ」とは、玄米や白米のことです。生では「コメ」は食べません。米を炊いて調理したものを「めし」と言います。「めし」は本来「召し上がる物」という意味です。

私たちが日常的に使用している言葉で食事のことを「ごはん(御飯)」と言っていますが、「飯」(めし)とは炊いたり蒸したりした調理したお米のことで、本来は「飯」のことを丁寧にごはんと呼んでいるだけです。

食事が「ごはん」と呼ばれるのは、日本の食文化において主食がお米であることに由来しています。古くから主食として食べられてきたお米は、食事と切っても切れない関係であったため、いつの間にか食事がごはんと呼ばれるようになったのです。

近年では「ごはん」はおかずを含めた食事全体を表したり、食事をする行為を表したりしています。例えば朝食に食べるものがパンや麺類でもやはり会話上は「朝ごはん」として語ります。当社のアイドル犬、トイプードルのルークにドックフードを与えるときに「ごはんよ~」と言っています。昔は「ごはん」と言えば炊いたお米が主食でしたが。

それと「晩ごはん」は使っても、あまり「夕ごはん」は言わなくなりました。これは時代の流れで夕方の食事がなくなり、夜の生活時間が増えたことからだと思います。

今では葬祭を自宅ではなく葬儀会館で行いますが、自宅で葬祭を行っていた頃、お通夜に参列すると枕飯を目にすることがありました。この枕飯は、お茶碗に盛り切りにした一膳かぎりのご飯に箸を 2 本垂直に立てたものです。

お通夜での枕飯は死者が蘇ることを期待したおまじないです。当社の氏子地域は明治中期まで正月・お祭り・祝い事以外、お腹いっぱい白米のご飯を食べることはありませんでした。お通夜の枕飯は「お米を食べたいために三途の川から戻って来ててほしい」という蘇りのぉまじないです。

お通夜の日から作った枕飯に使用したご飯茶碗は、出棺の際には必ず割ります。使用後に割ることの意味は、死者に決別を悟らせる風習です。祖父が帰幽した際に、祖父の使用していたどんぶり茶碗を枕飯に使うのは恥ずかしいので小さな飯茶碗を選んだそうです。


nice!(0)  コメント(0) 

台風の情報について

台風の情報について
はやいもので、もう10月7日です。10月に入っても相変わらず晴れの日は少なく、農作物への影響が本当に心配です。ところで今回の台風18号の大型台風の情報は気象庁のホームページが頼りになりました。

気象庁が発表する台風情報は、通常3時間おきに最新の台風情報が発表されています。台風が日本に接近したときは1時間おきの発表に変更となります。今回の18号の台風のときに聞きなれない「特別警戒区域」の発令が鹿児島県・熊本県などに出され、大阪府に住んでいても心配なことでした。

そんなときに私は米軍(アメリカ海軍)の台風情報• Joint Typhoon Warning Center (JTWC)を頼りにしています。JTWCはアメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センターが発表する台風情報です。ネットで「JTWC」と書き込んで検索するとヒットします。

この台風情報は、本来は米国の政府機関による利用を意図した情報ではですが、一般の人々もアクセスすることができます。通常は6時間おきに情報を発表しています。ただ米軍台風進路予想で注意しなければならないのが時刻の表示です。時刻表記が協定世界時になっています。文中表記はUTCではなくZとなっています。日本時間に直すには時差の9時間を加えなければなりません。

それにしても、いつも台風の天気予報は大げさな気がします。確かに危険回避を促す意味で、大げさにした方がよいのかも知れませんが。特に民放のニュース番組ではレポーターがヘルメット着用で海岸線や岬に立たせてずぶぬれになりながら「立っていられない強風がふいています」とか表現しています。必ず海岸線に打ち付けられた荒波を報道しています。すごく大げさに表現し報道しているしか思えません。

気象庁の場合、国民に注意を喚起する意味で、大げさな報道は必要だと思います。後で責任問題にならないようにしているかもしれません。夜中に台風最接近の場合は、早めに避難勧告を出さなければ避難はせず、土砂崩れにも気付かずということもあります。

私個人の考えですが、気象庁の台風情報は大げさなくらいに受け止めていたほうが被害を少なくすると思います。災いごとは何でも予想以上に受け止めたほうが生存率は上がると思います。



nice!(0)  コメント(0)