So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不眠症と冷え症

不眠症と冷え症
不眠症は、睡眠障害や入眠障害とも呼ばれますが、一般的に神経症の代表的な症状になっております。夜、寝ようと思っても、なかなか眠れない、今夜もまた眠れないのではないかと、常に睡眠の不安やストレスにとらわれ、ますます体調を悪くしている状態だと言えます。

そして、この、今夜もまた眠れないのではないかと不安になるのが、予期不安と言われているものであり、神経症から来る不眠症の場合の、典型的な特徴になります。

また、不眠症に悩んでいる人は、これと同時に、慢性的な頭痛や肩こり、慢性疲労症候群、更年期障害など自律神経失調症の症状も持っている場合が多いものです。

夜、よく眠れなかったから頭痛がするとか、疲れやすいということで、薬を飲んで対策を取ったりしている人も多いと思います。しかし、神経症から来る不眠症の場合は、これでは、根本的な治療にはならず、逆に、不眠症の症状を強くしてしまうものなのです。

「うつ病」や他の病気から来る不眠症(不眠)の場合には、薬を飲んで対応していくことが大切なのですが、神経症から来る不眠症の場合は、薬を飲むことで、逆に、不眠症にとらわれ過ぎてしまうことで、ストレスを強くしてしまうことが多いにあります。

また、先ほども書きましたが、神経症から来る不眠症の場合、また今夜も眠れなかったらどうしようと、予期不安を感じる場合が多いのですが、人によっては、寝付きは良いけれど、夜中に一度、目を覚ましてしまうと、それから眠れなくなってしまうという場合もあります。

また、朝早く目が覚めてしまうということで、「うつ病」の場合の、早朝覚醒と勘違いしていることも多いものなのです。「うつ病」から来る不眠症の場合は、今夜もまた眠れなかったらどうしようと、予期不安を感じることはないものなのです。

ですから、この予期不安があるかどうかで、神経症から来る不眠症か、「うつ病」から来る不眠症かの区別がつくと言って良いと思います。

そして、夜、よく眠れなかったからということで、遅くまで寝ていたり、昼寝をしてしまうということで、ますます睡眠のリズムを崩し、ストレスを大きくし、不眠症の症状を強くしている人が多いものなのです。

また、今は、不眠症の治療や対策も、薬物療法が主体になっていますので、病院でもらった薬(睡眠薬や、精神安定剤など)が手放させなくなり、何年にも渡って睡眠薬などの薬を飲んでいる人もいます。

しかし、神経症から来る不眠症の場合は、睡眠薬などの薬を飲むことで、一時的には治療効果が見られますが、長い目で見ると、かえって、「とらわれ」を強くし、ますます、症状を強くしてしまうものなのです。

つまり、不眠症の原因には、色々あり、中には睡眠薬などの薬を飲むことが必要な場合もありますが、神経症から来る不眠症の場合には、むしろ睡眠薬などの薬を飲むことで、かえって、治療を長引かせてしまうことが多いのです。

鶴見神社のはり・きゅう・整骨院では、鍼灸治療で、患者さんの神経を落ち着かせて、体全体の調整を行い、よいリズムを取り戻ようにしています。

さらに、鍼灸でツボを刺激しますと、全身の血行がよくなるので、体がホクホクしてきて良く眠れるので、全身のツボを探して治療しています。

人の体は、冷えが強くなると眠気、活動のコントロールが乱れて、だんだん寝つきが悪くなり熟睡できなくなるものです。 ですから、鍼灸治療では、冷えをとることから始めるのです。

不眠を治すツボがいくつかあります。不眠原因の根本を突き止めて、不眠の根本から治すツボを探して治療していきます。例えば、肩こりや肩こりによる頭痛などで安眠できない場合には、肩こりを治すツボを刺激してあげます。 胃腸が弱っていて食欲がなく、食べることができないことから空腹での不眠の場合には、胃腸の回復を図るツボを刺激するのです。

このようにして、まずは原因を探ることが、とても重要な事です。不眠症は、体の不調和を表しているものです。 鍼灸治療をして、体を疲れやストレスという不眠原因をなくして、快適な眠りができるように進めます。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。