So-net無料ブログ作成

日本語を話さなかった大山巌と捨松夫婦

日本語を話さなかった大山巌と捨松夫婦
東京都千代田区北の丸公園内に、大山巌(おおやまいわお)元帥の銅像があります。

不思議なことに大東亜戦争直後、多くの軍人の銅像が撤去される中、大山巌元帥の銅像だけは撤去をまぬがれたのです。ウソか本当か分かりませんが、GHQの最高司令官マッカーサー元帥が大山巌元帥を尊敬していたからだと言われています。

大山巌は天保13年(1842)10月10日に薩摩藩で生まれました。大山巌の父の大山彦八は、
隆盛の父の弟で、大山家に養子に入った人物です。大山巌は西郷隆盛の従弟になる人物です。

明治3年(1870)フランスに留学、普仏戦争を観戦しています。翌年帰国。陸軍少将へ昇進
後、再度フランス留学しました。

帰国後、3年ぶりに鹿児島に戻った大山巌は、その足で西郷隆盛のもとを訪れ、新政府に戻ってほしいと必死に説得にあたりますが、西郷は応じませんでした。その後、陸軍では順調に栄達し、西南戦争をはじめ、相次ぐ士族の反乱を鎮圧しました。

日清戦争では陸軍大将として第二軍司令官、日露戦争においては、元帥陸軍大将として満州軍総司令官に就任。ともに、日本の勝利に大きく貢献した。同藩出身の東郷平八郎と並んで「陸の大山、海の東郷」と言われた人物でした。明治40年(1907)公爵。大正3年(1914)から内大臣をつとめた。大正5年12月10日に没しています。

大山巌の簡単なプロフィールを紹介しましたが、彼ほど語学が流暢な軍人、しかも紳士は見当たりません。また彼ほど従兄弟の西郷隆盛を尊敬し、彼に代わって新政府のために働いた人物はいません。

明治10年(1877)に起きた西南戦争の翌年、明治天皇が北陸・東海地方を巡幸されたとき、大山巌は、その同行を命じられます。明治天皇は大山巌を呼んで語られました。

朕は、西郷隆盛が大好きだ。朕は西郷に育てられたと思っている。従兄弟である大山は、西郷が朝敵の汚名を着せられ、さぞ情けなく悔しかろう。朕もくやしい。しかし西郷亡きあと、朕はその方を、西郷の身代わりと思うことにする

そのとき、大山は、涙が流れ感激で身が震えたといいます。大山巌の先妻、沢子は薩摩藩士、吉井友実の娘です。愛妻家で3人の娘を可愛がり、家族を大切にする人物でした。ところが妻沢子は三女出産後の肥立ちが悪く亡くなってしまいました。義父の吉井友実は、大山が妻を思う気持ちと孫たちを愛する姿を見て、大山の将来と孫娘のことを考え、この婿のために、後添えとなる女性を探し求めはじめたのです。そこで白羽の矢が立ったのが山川捨松だったのです。

しかし大山巌は、薩摩藩士です。相手の女性は会津藩家老職の家柄の女性です。以下の文章はウィキペディアから抜粋します。

山川さきは、会津藩の国家老・山川尚江重固(なおえ しげかた)の二男五女の末娘として、安政7年(1860年)に会津若松に生まれた。さきが生まれたときに父は既に亡く、幼少の頃は祖父の兵衛重英(ひょうえ しげひで)が、後には長兄の大蔵(おおくら、後の山川浩)が父親がわりとなった。

知行1,000石の家老の家でなに不自由なく育ったさきの運命を変えたのは、会津戦争だった。慶応4年(1868年)8月、板垣退助・伊地知正治らが率いる新政府軍が会津若松城に迫ると、かぞえ8歳のさきは家族と共に籠城し、負傷兵の手当や炊き出しなどを手伝った。女たちは城内に着弾した焼玉の不発弾に一斉に駆け寄り、これに濡れた布団をかぶせて炸裂を防ぐ「焼玉押さえ」という危険な作業をしていたが、さきはこれも手伝って大怪我をしている。すぐそばでは大蔵の妻が重傷を負って落命した。このとき城にその大砲を雨霰のように撃ち込んでいた官軍の砲兵隊長は、西郷隆盛の従弟にあたる薩摩の大山弥助という男だった。

そのふたりが、どうして結婚することになったのか、その理由を説明します。山川さきが10歳のとき、会津戦争が起こります。実質上、薩長対会津藩の戦争です。慶応4(1868)年の出来事です。

このとき、会津攻めを担当したのが、板垣退助率いる新政府軍ですが、砲兵隊長が薩摩の大山弥助、後の大山厳です。なぜ敵同士が結婚できたのか、またウィキペディアから抜粋して説明します。

明治4年(1871年)、アメリカ視察旅行から帰国した北海道開拓使次官の黒田清隆は、数人の若者をアメリカに留学生として送り、未開の地を開拓する方法や技術など、北海道開拓に有用な知識を学ばせることにした。黒田は西部の荒野で男性と肩を並べて汗をかくアメリカ人女性にいたく感銘を受けたようで、留学生の募集は当初から「男女」若干名という例のないものとなった。

開拓使のこの計画は、やがて政府主導による10年間の官費留学という大掛りなものとなり、この年出発することになっていた岩倉使節団に随行して渡米することが決まった。この留学生に選抜された若者の一人が、さきの兄・山川健次郎である。

健次郎をはじめとして、戊辰戦争で賊軍の名に甘んじた東北諸藩の上級士族の中には、この官費留学を名誉挽回の好機ととらえ、教養のある子弟を積極的にこれに応募させたのである。その一方で、女子の応募者は皆無だった。女子に高等教育を受けさせることはもとより、そもそも10年間もの間うら若き乙女を単身異国の地に送り出すなどということは、とても考えられない時代だったのである。

しかしさきは利発で、フランス人家庭での生活を通じて西洋式の生活習慣にもある程度慣れていた。またいざという時はやはり留学生として渡米する兄の健次郎を頼りにできるだろうという目論見もあって、山川家では女子留学生の再募集があった際に、満11歳になっていたさきを思いきって応募させることにした。今回も応募者は低調で、さきを含めてたったの五人。全員が旧幕臣や賊軍の娘[1]で、全員が合格となった。

こうしてさきは横浜港から船上の人となる。この先10年という長い歳月を見ず知らずの異国で過ごすことになる娘を、母のえんが「娘のことは一度捨てたと思って帰国を待つ(松)のみ」という思いから「捨松」と改名させたのはこの時である。捨松がアメリカに向けて船出した翌日、横浜港にはジュネーヴへ留学に旅立つ一人の男の姿があった。大山弥助改め大山巌である。

五人の女子留学生のうち、すでに思春期を過ぎていた年長の二人はほどなくホームシックにかかり、病気などを理由にその年のうちには帰国してしまった。逆に年少の捨松、永井しげ、津田うめの三人は異文化での暮らしにも無理なく順応していった。この三人は後々までも親友として、また盟友として交流を続け、日本の女子教育の発展に寄与していくことになる。

捨松はコネチカット州ニューヘイブンのリオナード・ベーコン牧師宅に寄宿し、そこで四年近くをベーコン家の娘同様に過ごして英語を習得した。このベーコン家の14人兄妹の末娘が、捨松の生涯の親友の一人となるアリス・ベーコンである。捨松はその後、地元ニューヘイブンのヒルハウス高校を経て、永井しげとともにニューヨーク州ポキプシーのヴァッサー大学に進んだ。しげが専門科である音楽学校を選んだのに対し、この頃までに英語をほぼ完璧に習得していた捨松は通常科大学に入学した。

ヴァッサーは全寮制の女子大学で、ジーン・ウェブスターやエドナ・ミレイなど、アメリカを代表する女性知識人を輩出した名門校である。東洋人の留学生などはただでさえ珍しい時代、「焼玉押さえ」など武勇談にも事欠かない[3]サムライの娘・スティマツは、すぐに学内の人気者となった。しかしそれにも増して、捨松の端麗な美しさと知性は、同学年の他の学生を魅了して止まなかったのである。大学二年の時には学生会の学年会会長に選ばれ、また傑出した頭脳をもった学生のみが入会を許されるシェークスピア研究会やフィラレシーズ会にも入会している。

ヴァッサー大学での山川捨松の成績はいたって優秀だった。得意科目は生物学だったが、官費留学生としての強い自覚を持っていたようで、日本が置かれた国際情勢や内政上の課題にも明るかった。学年三番目の通年成績で「偉大な名誉」(magna cum laude ) の称号を得て卒業。卒業式に際しては卒業生総代の一人に選ばれ、卒業論文「英国の対日外交政策」をもとにした講演を行ったが、その内容は地元新聞に掲載されるほどの出来だった。アメリカの大学を卒業した初の日本人女性は、この捨松である。

このとき北海道開拓使はすでに廃止されることが決定しており、留学生には帰国命令が出ていたが、捨松は滞在延長を申請、これが許可されている。卒業後はさらにコネチカット看護婦養成学校に一年近く通い、上級看護婦の免許を取得した。捨松はこの前年に設立されたアメリカ赤十字社に強い関心を寄せていたのである。
以上ウィキペディアから抜粋

アメリカの大学を卒業した初の日本人女性は、この山川捨松だったのです。大学を卒業した捨松は、米国留学の滞在延長を申請し、コネチカット看護婦養成学校に一年近く通い、日本人初の上級看護婦の免許を取得します。後に帰国してから日本初の女性看護婦養成学校が誕生させます。

明治15年(1882年)暮れに山川捨松は帰国します。留学して11年目のことでした。山川捨松は希望に燃えて帰国したのです。日本における赤十字社の設立や女子教育の学校を創設しょうと情熱に燃えていたのですが、彼女を待っていたのは男尊女卑の世界で、新政府になっても江戸時代と変わらない日本国がありました。失意の毎日が続きました。

そのようなときに大山巌のために、後添え探していた舅の吉井友実の耳に山川捨松の身の上が入ってきたのです。米国の名門大学を成績優秀で卒業し、英語はもちろんのことフランス語やドイツ語に堪能だった山川捨松を、舅の吉井友実は、大山巌の夫人として第一候補として選んだのです。

大山巌は参議陸軍卿、伯爵として日本陸軍はフランス式兵制からドイツ式兵制へと移行する大変な時期でした。大山巌は英語・フランス語・ドイツ語を流暢に話すことができます。欧米列強の外交官や武官たちと通訳なしで外交交渉ができるのですが、彼には夫人がいないために、夜会や舞踏会といった場所で付き合うことができなかったのです。

舅の吉井友実はお膳立てをします。山川捨松と一緒にアメリカに留学した永井繁子の結婚披露宴で大山巌と逢わすように仕向けたのです。作戦通り、大山巌は、一目ぼれをしてしまいます。

ところが厄介なことに、舅の吉井友実を通じて縁談の申し入れを受けた山川家では、この縁談を、即時に断ります。理由は簡単です。山川家にしてみれば、親戚や一族を殺し、会津若松城に砲弾を打ち込んでいた砲兵隊長に娘を嫁がす訳にいかなかったのです。

大山巌は困り果てて、今度は農商務卿で従兄弟の西郷従道を山川家に遣わして説得にあたってもらいます。山川家は朝敵となり賊軍です、ということを理由に断るのですが、西郷従道も「おいの兄さの隆盛も賊軍でごわす、大山も賊軍の大将の従兄弟でごわんぞ」と説得したのでした。

仲立ちの西郷従道の誠心誠意の説得は、山川家の人々の心を動かしました。そして、山川家から「捨松本人次第」という返答をもらいました。そして捨松は「いちどもお話しをしたことがない閣下に返事が出来ません。一度お会いしたい」ということでした。

そして二人はデートをします。しかしながら捨松は大山巌の薩摩言葉が理解できませんでした。そこで捨松は英語で「閣下の日本語がわかりません。閣下さえよければ英語かフランス語でよければお話しをさせてください」と提案したのです。大山巌は流暢な英語で返事をしたのです。捨松と大山巌は英語で、会話を始めたのです。

今後、二人は結婚しても生涯、英語で楽しい家庭を作ったのです。当時、大山は43歳、捨松24歳です。捨松は大山と会うたびに紳士的な会話と洗練された振る舞いと人柄にほれて行きます。

交際を初めて3ヵ月の明治16年 (1883) 11月8日、参議陸軍卿大山巌と山川重固息女捨松との婚儀が厳かに行われます。そして1ヵ月後、完成したばかりの鹿鳴館で、大山夫妻は外交官を招待しての盛大な結婚披露宴を催したのです。

結婚後の大山巌は、謹厳実直、家族と過ごす時間を大切にしました。しかしながら二人の会話は英語かフランス語が主流でした。

結婚後の大山巌は、謹厳実直、家族と過ごす時間を大切にしたといいます。
大山巌は大正5年12月10日に没しています。享年75歳。夫を見送った2年後、捨松は、夫のあとを追うように永眠します。享年58歳。夫妻の遺骨は、今も二人が晩年に愛した栃木県那須野ののどかな田園の墓地に埋葬されています。

ところで大山捨松は一緒に留学していた親友の津田梅子とともに生徒数10名で女学校を設立します。それがいまの津田塾大学です。




nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。